真実はいつも・・・・
今朝早くから、珍しく家電が鳴り響いて。。。
出るとLAの友人でした。
たまたま国際電話のカードが8分残ってるのを見つけたからと掛けてきたそうです。
メールはちょこちょこやり取りしているのですが、声を聞いたのは何年ぶりでしょう。
でも積る思いは8分では話しきれる訳もなく、「あー、もう切れちゃう!!じゃあね~」で終わっちゃった^^;

仁君のこともちょっとダケ話ました。
仁くんは苦手とキッパリ言っている彼女、やっぱりライブには行かないって(笑)
頑固なんですよ。
「食わず嫌いはダメよ」って言っておきましたけど。
フリーペーパーやら、UTBやらチェックしてくれているウチに、ミイラ取りがミイラになっちゃう可能性だってありますからね。
MUSIC TALKを見ているうちに、イメージも随分変わってきたようではあります。
本当はスカイプ入れれば良いだけの話なんですけどね。
今はメールという便利なものもありますし、たまーに声を聴くから良いというのもありますから。

さて、MUSIC TALKも11回目となりました。
「paparats」
友人の訳が待ちきれなくて、今回は自分なりに頑張って和訳をして見ました。
胸がしめつけられますね。

今回は英文で載せます
日本語訳は、あまりにもストレートに伝わってきて苦しくなりますので。

I have a lot of experience about it.
Like people took a picture of me・・・・
When I’m partying


-You like to party?

I like to party and I like to work.
It means not・・・・like I'm partying every day.
I'm working hard.
and if・・・・
if I'm having party everyday.
I wouldn't be here.
I wouldn't be doing this like, I produce my show,
writing music.


-Unless people are close to you,
they don't see・・・
All they see is "ok, he’s going out again".

Yeah.

-Partying?

I'm not saying I don't party.
I love to party.
They’er just taking the pictures a moment of my life・・・


-They're just building an image of you?

Yeah there’s a Jin Akanishi they created.
I don't like him.


世の中には、必要○○という言葉もありますし、大人の事情も重々承知しているつもりではありますが、彼の心の痛みを思うと、本当に苦しくなりますね。
でも彼のファンは、ちゃんと見ているところは見ているのです。
だからこそ、今でもこうしてファンでいるのですよね。
ただ、誤解を解く努力も少しは必要かなって思います。
色々な事を見聞きするのは、判ってはいても傷つくこともありますものね。

次回は「A Page」
うーん、やっぱりアルバムを発売するときは、仁君自身の和訳を載せて欲しいですね。


今回は全滅した方も数多くいらっしゃいます。
もし、壮行会のお譲りいただけるチケットをお持ちの方がいらっしゃいましたら、こちらのメールから御連絡いただけますでしょうか。

UTB ON DEMAND
YOU & JIN関係の各種レポは「レポ庫」の方に保管してあります

テーマ:赤西仁 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2010/09/26 21:03 】

| 赤西仁 | コメント(0) |
<<NEWSコンに仁君 | ホーム | J-webに仁君からのメッセージ(NEW)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |