弥生3月
今日は3月1日ということで、卒業式が行われたところも多いかと思います。
我が家の長女も無事卒業の日を迎えました。
友&仁の申し込みをするとき、オーラスは正直悩んだのですが、冬という事もあって、無理な日程は組めません。
4年前の3月。。。。
KAT-TUNがデビューしてお披露目コンサートをした時は、次女が卒業式だったんですよね。
普段から仁!仁!ゴロゴロうるさい母を、広~い心で見守ってくれる娘達のここ一番の瞬間を逃すわけには行きませんもの。
まあ結局、式が終わる直前にメールで呼び出しがあったので、即効帰ってきちゃったんですけどね。
短い時間でも、そこに居たという事実は大切!
うん。
そして、もう一つ衝撃の事実。
スーツのジッパーがキツかったぁ~(オロオロ・・・)
もうちょっと長く座っていたら、呼吸困難で倒れたかもしれないと思う今日このゴロですが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
スーツ縮んだのかしらぁ~(笑)

さて、長い公演を終えて、仁君は今日ゆっくり出来ているでしょうか。
濃厚な時間を過ごした期間は、とても贅沢で、その贅沢な時間を経験してしまった私は少々後遺症が出始めています。
昨日は用事があって、ミンテレのDVDを編集し直していたのですが、これがもうヤバイです!
凄くキラキラ輝いている彼らがそこにいます。
時間は短いのですが、しっかりと彼等の歌のコーナーがあったり、コントがあったり。。。
また、こんな番組に出演してもらいたいですね。

この編集をしていたDVDにMステに出演したときの映像も入っていたのですが、偶然KAT-TUNとクリスタルケイちゃんが一緒に出演している回で、2組でミニステに登場して丁度お誕生日の話をしていました。
亀ちゃんと3日違いと話していましたので、クリスタルケイちゃんは26日生まれなのですね。
友&仁の千穐楽にクリちゃんが来てくれたとメールを頂いた時でしたので、あまりにもタイムリーな映像にちょっとビックリしちゃいました。
デビュー前に、こんな風に共演していたんですよね。
いやぁ~、ミンナ初々しかったです。

そのクリスタルケイちゃんが応援に来てくれた、千穐楽の様子をお知らせいただいています。
1曲目が始まる前、ダンサーさん達や、keiboさんお客さんを煽って盛り上げるのですが、観客席の前列中央(コンサート中、仁君がせり出して来る通路スペース)で、黒人ダンサーさん2人が押し倒して床でじゃれていて、いつもよりノリが激しめでした(笑)。

協力席におりて来た時は、小さい女の子(黒いハットを被った女の子)のに「ね、つめて。もうちょっとつめて。」と、優しげな言い方が可愛かったです(笑)。

HelplessNightでは、ステージ上では仁君とクリちゃんは1,5m位離れているのですが、曲中で2人で歌う時にバックにあるスクリーンには2人のアップの表情が映し出されて、互いの顔が少し重なるように(重なる部分は少しぼかしが入ったように)映っていました。
表情は、お互い時に視線を合わせて、確認しながら歌う様子が、生でステージ上で2人で歌うのが初めての、良い緊張感がありました。

アンコールのWONDERでは、途中に仁君がクリちゃんに向かおうとして、それをクリちゃんが軽く押して跳ね返したり(笑)、曲の終わりに近づくにつれダンサーさん達も決まったダンスではなくて、個々でフリーのダンスをするように曲にのって歌って踊っていました。

KANAさん、ありがとうございました。
いい関係なんだなぁ~というのが伝わってきますね。

今回の公演に参加して思ったことは、彼は言葉で表現することは少し苦手かもしれないけれど、言葉というストレートなものでなく、こうして歌声にのせてだったり、魅せるという事で、伝えてくれようとしたんだなぁと感じました。
全くもって、手間のかかることったら、この上ありませんが、ファンにとっては、そこがまた堪らない部分でもあるのですよね。
でも、伝えたい気持は、しっかり伝ってきましたよね。

嵐のライブDVDが予約開始です。
ARASHI Anniversary Tour 5×10 [DVD]

~お知らせ~
3月6日(土)にチャット会を開催します。
どなたでも自由に御参加いただけますが、事前にパスワードの発行していますので、御参加いただけます方は、こちらから御連絡いただけますでしょうか。
詳しくはOver Thirty Topにある、chatページをご覧下さい。

【BANDAGEオフィシャルBOOK】
BANDAGE オフィシャルBOOK(2010年1月7日発売)

【アルバム】セカンドプレス盤
Olympos(オリンポス) LANDS

【カレンダー】
KAT-TUN 2010.4-2011.3 オフィシャルカレンダー(365days 日めくりタイプ:特製バインダー付き) 

【Amazonで予約】
02月27日  ARENA37℃ SPECIAL( アリーナサーティーセブンスペシャル )
        2010年 04月号 [表紙・巻頭・特集:赤西仁]
        BEST STAGE ( ベストステージ ) 2010年 04月号 [友&仁]
03月04日   GyaO Magazine ( ギャオマガジン ) 2010年 04月号 [友&仁]
03月06日  Duet ( デュエット ) 2010年 04月号 [雑誌]
        POTATO ( ポテト ) 2010年 04月号 [雑誌]
        Wink up ( ウィンクアップ ) 2010年 04月号 [雑誌]

つづきは、前記事の鍵コメさんへのお返事です。
 


  
  
Nさんへ
母心あり、ちょっぴり乙女心ありですよね^^
本当に今回の公演は、良くやってくれたと思います。
そして、その素晴らしい公演がDVD化されて、参加出来なかった方々など、沢山の方に観てもらいたいと思っています。

sさんへ
ありがとうございます。
一つの区切りであると同時に、また新しいスタートを切ります。
あとひと頑張りという所でしょうか。。。
本当に、ここ半年くらいは、めまぐるしかったですね。
雑誌にしても、じっくり読めていないものもありますので、そいう所から少し振り返ってみるのもいいですね。

mさんへ
KAT-TUNの雨男は仁君なのかもしれませんね^^;
日生劇場は思っていたよりも狭くて、2階席からでも良く見えました。
狭い会場は、とても近くで見ることが出来るので嬉しいですが、チケットは激戦ですし・・・
かと言って広い会場だと、遠くなっちゃいますしね。

aさんへ
aさんがヤバいのであれば、私なんてどうしたらいいのでしょう(笑)
何とかして脳を鍛えないと^^;
少し休ませてあげたいという気持と、寂しいという気持と、複雑ですよね。

テーマ:赤西仁 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2010/03/01 21:02 】

| 赤西仁 |
| ホーム |