25日の友&仁とcartoonKAT-TUN
ただいまです。
明日で上映が終了するBANDAGEは、最前列の数席をのぞいてほぼ満席でした。
「ファンでもないのに、3回目って・・・」と言いつつ、付き合ってくれた長女に感謝。
案外いい子じゃん(笑)
「お母さん、全部で何回見た?」の問いにはノーコメントを通しておきました。
「はぁ?」って言われそうですから(笑

さて今日の友&仁ですが、1部・2部ともにカメラが入っていたそうです。
2部には亮ちゃんが登場したとか。

2部の様子をお知らせいただいていますので、お裾分けしますね。
本日は亮ちゃんが登場しました
亮ちゃんと歌うときは、アレンジしたり、合いの手(?)を入れたり…
ちょっぴり違うバージョンが見れました

亮ちゃんはサングラスをしていたのですが、サングラスに手をかけて、ためてためて外す
っていうのをやったら、客席が‘きゃ~っと!
その反応がおもしろかったのか、もう一回やりましたら、さらにぎゃ~~っっっと
それを見た仁ちゃん、もう一回、もう一回とリクエスト
3回もサングラス外しをしてくれました

友&仁ファミリーは、ガッツリまとまり、ドンドン調子を上げてきているようにカンジました・・・
仁ちゃんは、大汗をかきながら、相変わらず楽しそうにニコニコ頑張ってました

あと4公演となって、ますますパワーアップしているようですね。

えっと。。。
cartoonKAT-TUNについてですが、昨日某ローカル番組で3月末で放送終了となっていると放送されていたとお知らせを頂いておりました。。。
3月24日が最後の放送になるそうです。
正直驚きました。
今のところ、名前が変わってとか、曜日が変わってとかと、言うことではないようです。

何と言っても、この番組は仁君がいない5人の時にスタートしたんですよね。
保管庫の方に、1回ごとの要点をまとめ始めて、昨日の放送で148回。
戻ってきて初めて6人揃った日、負けず嫌いな一面を見せて対決した場面、沢山の思い入れのある番組でした。
新曲が出なければ、なかなかTVで彼等を見る機会が無いなか、毎週6人を見ることが出来る唯一の番組で、本当に楽しみにしていました。
スタートから第2章、第3章と、趣向を凝らした企画を考えてくださった方々のお陰で、沢山の笑顔や新しい一面を見ることができました。
公式HPのblogも楽しみでしたよね。
スタッフさんの苦労も、こういう所で知りました。
本当に、本当に寂しくなりますが、終わりがあれば、次の新しい始まりもあるということで、次の新しいステップのスタートを静かに待ちたいと思います。

悲しんでばかりはいられませんね。
こういう時こそ、彼等が次のスタートを切るために、ファンも頑張らないと!!
前へ進めなくなっちゃいますものね

<お願い>
友&仁のチケットを1枚さがしています。
急用のため参加できなくなった、同行者を探しているなどの方がいらっしゃいましたら、こちらから御連絡をいただけますでしょうか。

【BANDAGEオフィシャルBOOK】
BANDAGE オフィシャルBOOK(2010年1月7日発売)

【アルバム】セカンドプレス盤
Olympos(オリンポス) LANDS


【Amazonで予約】
02月10日  ARENA37℃ ( アリーナサーティセブン ) 2010年 03月号
       "LANDS LAST LIVE" (1.19渋谷AX) を完全レポート 
02月15日  月刊 Songs ( ソングス ) 2010年 03月号 [雑誌]
02月23日  VoCE ( ヴォーチェ ) 2010年 03月号 [雑誌]
        KAT-TUN カレンダー発売スペシャル
        Myojo ( ミョウジョウ ) 2010年 04月号 [雑誌]
        ポポロ 2010年 04月号 [雑誌]
02月27日  ARENA37℃ SPECIAL( アリーナサーティーセブンスペシャル )
        2010年 04月号 [表紙・巻頭・特集:赤西仁]
        BACKSTAGE PASS ( バックステージ・パス ) 2010年 04月号 [雑誌]
03月06日  Duet ( デュエット ) 2010年 04月号 [雑誌]
        POTATO ( ポテト ) 2010年 04月号 [雑誌]
        Wink up ( ウィンクアップ ) 2010年 04月号 [雑誌]

つづきは、前記事の鍵コメさんへのお返事です。
 






cさんへ
そうですか、息子さん喜んだでしょう。
cさんはニギニギしてくれなかったんですか?
どさくさに紛れてニギニギして貰えたら良かったのに~
私も大甘ですから、大丈夫ですよ(笑)

sさんへ
判りにくいところも沢山ありますが、自然といつか伝わるんじゃないかなって思っています。
無理せず、彼のペースで進んで行って欲しいですね。

aさんへ
ありがとうございました。
忘れたくないのに、少しづつ記憶が薄れていくのが悲しいです。
こうして文章で残していただけると、記憶をたどることができますね。

テーマ:赤西仁 - ジャンル:アイドル・芸能

【 2010/02/25 22:59 】

| 赤西仁 |
| ホーム |